西武新宿線「上井草」駅徒歩30秒
03-4285-9807

リハビリテーション科

リハビリテーションとは

何かの事故・病気等によって障害を受け、生き生きと豊かに生活することが困難になることがあります。その障害に対し、日常生活活動を向上あるいは維持するために、障害されたところを回復させ、残された機能を最大限に生かすことで生活しやすくすること、または生活者として自立することを援助することを“リハビリテーション”といいます。そのためには、機能訓練によって失われた機能や全体的な身体能力を向上させるだけでなく、補助装具の使用や生活する物理的環境を改善することも必要となります。

(リハビリテーションルーム)

リハビリテーションルーム
リハビリテーションルーム
リハビリテーションルーム
リハビリテーションルーム

リハビリテーションについてのお知らせ

2020年4月1日より常勤の理学療法士3名および非常勤4名が在籍することとなり、より充実したリハビリテーションを提供できるようになります。

リハビリテーション内容

物理療法

温熱療法(ホットパック、ウォーターベッド)、頸椎・腰椎牽引療法、電気刺激療法(低周波)、超音波療法
※治療機器の効果においては水流や磁器を使い患部を温めたり、関節を牽引し、周りの筋肉組織を暖めリラックスさせたり、電気や音波を用いて組織を刺激し痛みを抑制したりします。

運動療法

国家試験を合格した理学療法士が徒手にて施術を行います。治療内容は患者様の症状に合わせてプログラムを作成し1カ月ごとに目標をたて行います。

運動療法 詳細

ROM訓練
各関節の可動域が狭く動きが悪くなっている箇所に対して可動の幅を広げる施術です。
ジョイントモビライゼーション
関節の凹凸の法則に基づき関節を正しい位置に誘導し関節周りの組織を緩める誘導を行います。
IDストレッチ
筋肉に対して伸張を加え正しい張力を保ち身体を働きやすくします。
ペインコントロール
痛みに伴い生活に支障をきたしている方の痛みを徒手や治療器具により軽減させます。
スポーツマッサージ
上記の痛みのコントロールにも用いますが、軽摩や揉熱などの方法を使い筋組織・軟部組織の硬度を変化させ身体を動かしやすくします。
筋力トレーニング
現状の生活を営む際や仕事・スポーツなど多岐にわたり、身体に必要なその人にあった力を正しく評価し足りない箇所に対して的確に筋出力・筋持久力を促すトレーニングを行います。必要に応じてはホームエクササイズも指導します。
アスレティックリハビリテーション
スポーツ競技において怪我をしない身体作りや、怪我をした後のパフォーマンス向上に対して治療を行います。当院においては、スポーツに特化した資格を有するセラピストも在籍しており、より高度な施術を行うことが可能です。

“運動器”とは

骨や関節、筋肉、神経などの身体を支えたり動かしたりする組織、器官の総称です。この運動器の機能が低下、障害された状態になると日常生活の中での動作を困難にし、生活の質(quality of life:QOL)を低下させる大きな要因となります。このような運動器疾患を持つ患者様に対して、ストレッチや筋力強化などの運動療法、リハビリ機器を使用した物理療法、補助装具などを使用した装具療法などを行い、身体機能や生活、就労、スポーツ上の問題を改善していく治療を“運動器リハビリテーション”と言います。また、運動器疾患の手術後のリハビリテーションも同様です。

当院では医師・看護師・理学療法士が患者様の情報を共有して、患者様1人1人に個別 のメニューを作成し、リハビリテーションを提供していきます。

運動器リハビリテーション対象疾患

  1. 骨関節の外傷(骨折、靭帯損傷、捻挫など)
  2. 脊椎疾患(腰痛、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症など)
  3. 各種関節疾患(変形性関節症、関節リウマチ、五十肩など)
  4. スポーツ障害(アキレス腱炎/断裂、野球肘/肩、腰椎分離症など)
  5. ロコモティブシンドローム(足腰の衰え、バランスや体力の低下など)
  6. 手術後のリハビリテーション

など様々な整形外科疾患に対応します。

リハビリテーションの予約について

運動器リハビリテーションは20分を1枠とした予約制となっております。保険診療内の治療のため、医師の診察による適切な診断に基に、指示を出して行われます。物理療法は引き続き予約なしで可能です。宜しく御願い致します。

理学療法士の紹介

リハビリテーションアドバイザー

永井理浩

現職
学校法人アゼリー学園 東京リハビリテーション専門学校 理学療法学科専任教員
一般社団法人未来創造研究所総合メディカルアドバイザー
実績
東京・千葉、延べ5校においてサッカースク-ルの総合プロデュースを実施。
2019年現在、約250名の理学療法士輩出。
勉強会講師、講演回数 年間50以上
2005~2019年現在、約500人のプロアスリートの個人パーソナルトレーニング実施 
競技(サッカー、野球、バスケット、陸上競技、バトミントン、バレー、総合格闘技、水泳、アメフト)
資格
  • 理学療法士 NSCA-CSCS(認定ストレングス&コンディショニングスペシャリスト)
  • JFA公認C級コーチライセンス
  • STAR(スポーツリズムトレーニング協会認定)DIFFUSER
コメント
クリニックの更なる繁栄、発展のために尽力します。
永井理浩

常勤理学療法士

山口真央

スポーツ歴
バレーボール(小学5年生〜高校3年生)
春の高校バレー山梨県代表・インターハイ出場・国民体育大会山梨県代表
資格
  • 理学療法士
  • 日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー
コメント
『すべては患者様の笑顔のために』
患者様ひとりひとりに寄り添い、信頼されるよう日々努力してまいります。また、自身のスポーツ経験を活かし、スポーツ復帰及びパフォーマンス向上などスポーツ選手に対するサポートにも力を入れていきたいと思います。
山口真央

鍋谷健斗

スポーツ歴
サッカー、バスケットボール
資格
  • 理学療法士
コメント
まだまだ経験は浅いですが、皆様の体の痛みや動かし辛さを少しでも解消できるよう、精一杯努めます。現在はスポーツ分野にも力を入れております。スポーツ障害に対しても微力ながら指導させていただければと思います。
鍋谷健斗

鳥居卓馬

スポーツ歴
野球(小学3年生~高校3年生)
資格
  • 理学療法士
コメント
患者様の生活に寄り添い、皆様の生活の質を少しでも向上できるよう励んで参ります。
まだ経験は浅いですが、日々精進を忘れずリハビリに取り組んでいきます。
鳥居卓馬

徳留妃美

スポーツ歴
サッカー(小学5年生~高校3年生)
資格
  • 理学療法士
コメント
まだ経験は浅いですが、患者様の運動機能回復に向けて、それぞれ適切なプログラムを作成できるように誠心誠意、尽力して参ります。
徳留妃美

非常勤理学療法士

株式会社form base Japan 菊池貴之

資格
  • 理学療法士
実績
高校野球トレーナー
プロ野球選手専属トレーナー
2013 WBC(中国代表) 2017 SAMURAI JAPAN U-18合宿帯同 
プロバレーボール/バスケットボール/レーサーなどの選手サポート
コメント
整形外科一般のケガや障害からスポーツ分野まで幅広い対象者の皆様が快適な生活ができるようお手伝いさせて頂けたらと思っています。よろしくお願い致します。
菊池貴之

島田崇宏

資格
  • 理学療法士
  • オランダ徒手療法協会 準徒手療法士
実績
  • ボーイズリーグトレーナー
  • 高校陸上部トレーナー
コメント
痛めている部分の治療に加えて、再発しないように根元から治療していきたいと思います。皆さんの良くなりたいという気持ちに少しでも答えられればと思います。宜しくお願いします。
島田崇宏

リハビリ機器のご紹介

ウォーターベッド

ウォーターベッド

ウォーターベッドは水圧を利用しマッサージ効果とリラクゼーション効果を得ることができる装置です。水圧を利用しているため、体型を選ばずに全身をマッサージすることができます。効果としては血流の改善、ストレス解消、リラクゼーションが期待できます。

牽引装置

牽引装置 牽引装置

牽引療法は脊椎椎間関節周囲の軟部組織の伸張、椎間関節の免荷、筋攣縮の弛緩、筋肉、靱帯のマッサージ効果による循環改善があります。当院の頚椎及び腰椎牽引装置は座るだけで自動的にポジショニングを行い、患者様に負担が少ない牽引治療を可能にしています。

電気治療

電気治療

体内に電気を流すことにより、鎮痛効果など各種効能が得られます。当院では電気治療機クレアを使用し、干渉電流型低周波治療器の原点を守りながら新技術を取り入れた疼痛緩和や機能回復治療に優れた器械です。10,000Hzの搬送周波数で行う電気治療は、刺激感が非常にやさしく、多くの電流を生体に与えることにより痛みを緩和していきます。使用する適応症状は、肩こりや腰や膝に痛みがある慢性疾患や坐骨神経症状が強い方に使用しています。

超音波治療機器

超音波治療機器

超音波治療器の温熱作用と音圧作用により下記の効果が期待できます。
厚い筋肉や脂肪層の奥の深い疾患部を刺激します。
1秒間に100万回振動する超音波が生体組織にミクロマッサージの刺激を与えます。
超音波が生体組織に照射される際に生じる熱で温熱作用を発生。
超音波が到達している範囲を立体的に温めることができます。

ホットパック

ホットパック

ホットパックは熱伝導を利用し、局所に温熱刺激を与えることで血管を拡張させ血液の循環や新陳代謝を促進します。使用する箇所は局所の皮膚になります。熱伝導を利用しているため、皮膚から浅い部分に対してとても高い効果が得られます。

診療受付時間
診療科目
整形外科 リウマチ科 リハビリテーション科
住所
〒167-0021 東京都杉並区井草5丁目6-3
アクセス
西武新宿線「上井草」駅徒歩30秒
電話番号
03-4285-9807